佐藤正志建築設計工房のホームページへようこそ

6-0-011

目次(カテゴリ)よりご覧いただけます。
まち歩きなど、随時アップしています。

屋根を遮熱塗料で塗り替える

6-3-128

16年前に完成した住宅の金属板葺き屋根の、初めての塗装メンテナンスです。
急勾配の屋根なので、屋根にも足場を架けています。
足場が架かるこの機会に、サイディング壁も2回目の塗り替えを行うことにしました。
道路際の板塀はすでに2回塗りかえているため、今回は塗り替えません。


6-3-129

塗装ガルバリウム鋼板を使い、瓦棒葺きという施工方法で葺かれています。
まずは、高圧洗浄を行いました。
もともとは濃いグレーでしたが、かなり白く色が褪せています。
屋根は高さの異なる2つの切妻が並び、中央でつながる形をしています。


6-3-130

高い棟の外周壁はガルバリウム鋼板素地の波板なので、塗装は不要です。
ただし屋根に覆われた部分は板張り壁なので、軒天井と合わせて塗り替えます。


6-3-131

屋根の頂部にある、換気のためのカバーです。
釘打ちの周辺に若干さび色が見られますが、それ以外はほぼ良好な状態でした。
ガルバリウム鋼板はよく使いますが、とても優れた材料のひとつだと思います。
白く見えるのは、下塗りのプライマーです。


6-3-132

梅雨入り後の工事でしたが、天候にも恵まれて順調に進みました。
屋根の上塗りも2回終了し養生ネットがはずれて、化粧直しした外観が現れました。


6-3-133

今回は、遮熱塗料を使っています。
直射日光が照りつける屋根面に手のひらを置きましたが、今までのような熱さがありません。
効果が、はっきり実感できました。


6-3-134

屋根まわりで特に傷みやすい所は、軒先など屋根端部の木部です。
足場に上ってじっくり点検しましたが、こちらも特に目立った傷みはありませんでした。
このタイミングでしっかり塗装し直したので、これからも長く安心です。


6-3-135

足場がはずれ、グレーの屋根と白い壁のコントラストがくっきり鮮やかに甦りました。
定期的に手を入れると、住宅も上手に年を取っていってくれると思います。
終のすみかづくりを通して

Author:サトウマサシ

目次
お問合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カウンター