FC2ブログ

事務所移転のお知らせ

7-1-002

2018年9月1日より、川口市・芝へ事務所を移転しました。
(新住所は「設計監理業務に関して」をご覧ください。)

目次(カテゴリ)から、仕事の内容をご覧いただけます。
近所や各地での「まち歩き」も、随時アップしています。

見学会のご案内

7-1-003

まもなく東京・練馬区で、私が設計監理をしました住宅が完成します。
建主様のご厚意により、11月3日(土)に見学会を開かせていただくことになりました。
小ぢんまりとした住宅なので、一度に見学ができる人数が限られます。
見学をご希望される方は、お手数ですが事前に「お問合わせ」欄よりご連絡ください。
追ってご案内を、返信させていただきます。


7-1-004

隣の土地に息子さん家族が暮らす、80代のご夫婦による建て替えです。
元の家の改修も検討されましたが、長く使えるものと考えて新築を決断されました。
次の世代にとっても、隣に高齢者が暮らしやすい家があり、親がそこで快適に暮らし、
自分が高齢になった時には、その場所で同じように暮らせる。
順繰りに住み繋いでいく生活は、現代にこそ必要な形かもしれません。
もちろん、設計を進めるにあたり最優先の検討項目は、高齢者の暮らしです。
玄関には階段がつくられますが、裏をまわる緩やかなスロープも計画しました。
九州の火山灰シラスを原料にした外壁、それを覆う大きな屋根が特徴の外観です。


7-1-005

広い吹抜けのあるシンプルなワンルームなので、常にお互いの気配が感じられます。
1・2階の天井高を下げ、全体としてはちょうど良い空気のボリュームにしました。
また断熱性能を高め、1室空間でも支障のない室内環境をつくり出しています。


7-1-006

左は玄関に続き、中央が階段、右側1階が台所になります。
必要に応じてリフトを設置すれば、車椅子で2階に上がれることも想定した間取りです。
床は杉、壁にはこの下地の上に珪藻土が塗られます。
使い込むほど味が出る自然素材を多用し、時間の経過に耐えられる家にしました。


7-1-007

2本の大黒柱が支える、この家の背骨のような梁。
2階は収納と絵のアトリエに利用し、手の触れる場所は手触りの良さにこだわりました。
今回のご案内は工事中の写真ですが、是非完成した実際の空間を御体験ください。

ホームページ開設しました

少しずつ、つくり上げていきます。
不備な点がございますが、よろしくお願いいたします。
終のすみかづくりを通して

Author:サトウマサシ

目次
お問合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カウンター