FC2ブログ

10坪の家

ものづくりのイベントの中で、「10坪の家」という仮想テーマで建築模型を展示しました。
一人暮らしで室内面積が10坪という条件を自身で設定し、どんな家ができるか楽しみながらつくりました。




6-5-031

1 まわる家
   外のアプローチから始まって、かたつむりの殻のようにグルグル渦巻状に部屋がつながります。
   徐々に天井が高くなり、テラスが組み込まれ、最後は空に向かって大きな窓が開かれます。
   車椅子で楽しく生活できる家をイメージしています。




6-5-032

2 高い天井の家
   家の中央に、高い天井の部屋があります。
   そこは、様々な機能の小部屋をつなぐ大きな廊下の役目もしています。
   周囲は小さな庭々に囲まれ、バラエティーに富んだ生活シーンをつくりだします。




6-5-033

3 長い家
   奥から、寝室~水盤~玄関とLDK~緑の庭~水回り~タイル庭と、内と外が順番に続きます。
   各室は、屋根がかかった一直線の屋外通路で結ばれています。
   ひとつひとつは狭い空間ですが、遠く離れた距離感によって広がりを感じる家です。




6-5-034

4 小さな店のある家
   左側の壁をはずした状態の模型です。
   天井の高い赤い壁の小さな店が、街に向き合いつながります。
   モノを消費する一方である住宅を、小さくてもモノをつくりだす場に変えたいと思いました。




6-5-035

5 空の家
   狭い敷地に3層を積み重ね、その上に高い壁に囲まれた屋上があります。
   周囲の雑多な風景を見せず、空を天井に見立てた部屋です。
   街中でも、しっかり自然を感じながら過ごすための家です。




6-5-036

6 On&Offの家
   集合住宅の一室を、活動と休息の2つの部屋にはっきり分ける計画です。
   均質な1住戸を、ジグザグの間仕切りで特徴ある空間に切り出します。
   2室間の行き来は、あえて屋外のバルコニー経由としています(屋内ルートもひとつ確保)。
終のすみかづくりを通して

Author:サトウマサシ

目次
お問合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カウンター