FC2ブログ

もともとの暮らし(目次)

・建具屋の仕事
・店舗併用住宅
・仕事場の風景
・自営業の引退

建具屋の仕事

2-1-011

長年営んできた建具(たてぐ)屋とは、建築工事のうち、戸、障子、フスマなどを扱う仕事です。
写真は玄関引き戸の取り付け工事中の様子です。
最近はアルミサッシが多くなりましたが、木製建具は比較的自由にデザインができる魅力があります。
天候によって反ったりすることがありますが、それを差し引いても空間づくりに欠かせない大事な要素です。

店舗併用住宅

2-1-021

1階を店にする店舗併用住宅では、どうしても2階の利用が増え階段の上り下りが多くなります。
慣れた生活とはいえ、ひざ痛の時などは少々負担に感じてしまいます。

仕事場の風景

2-1-031

長い間、毎日この場所で仕事を続けてきました。
おかげで空間の特徴や大きさはすっかり体にしみ込んでいました。



2-1-032

40年以上使い込んだ機械です。
構造がシンプルで、しっかりつくられているものは本当に長持ちします。
鉄の固まりですが、こういうものには離れがたい思い入れが生まれるように思います。



2-1-033

カンナをはじめ色々な道具がありました。
機械化が進み、人の手で使う道具は衰退の一途です。
やむを得ないとは言え、ひとつの文化がなくなっていくようで残念です。

自営業の引退

2-1-041

機械や道具、材料を処分し、50年近く営んできた建具屋を引退する日が来ました。
定年退職がない自営業者が自身でけじめをつけるのはとても難しいけれど、同時に大切なことに思いました。
終のすみかづくりを通して

Author:サトウマサシ

目次
お問合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カウンター