FC2ブログ

丸の内・KITTE(キッテ) 旧郵便局長室で見たテラゾー工事風景

8-1-828

東京駅・丸の内南口前に建つ、KITTE(キッテ)。
旧東京中央郵便局の建物を一部保存し、新たに生まれ変わった高層ビルです。
下層では大きな吹抜けに面して、100近い店舗で賑わっています。
その4階の一角に、かつての郵便局長室が残されていました。


8-1-829

窓からは、目の前に東京駅が見えます。
こんなにじっくりと眺められる場所は、あまりないのではないでしょうか。
駅前は整備工事中で、まだまだ変化していきそうです。


8-1-830

部屋の中には、昭和初期の新築時の工事写真が展示されています。
これは、テラゾー研ぎ仕上げの風景です。
テラゾーとは、細かく砕いた石をセメントと混ぜて固め、磨いて仕上げた人造大理石です。
かつては学校などでも使われていた記憶がありますが、最近の建物では見ることがありません。
自分も使ったことはなく、石をどうやってツルツルに研ぐのか以前から興味がありました。
手間より材料のほうが高価な時代だからこそ、時間をかけられた手作りの良い仕上げです。
終のすみかづくりを通して

Author:サトウマサシ

目次
お問合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カウンター