FC2ブログ

東伊豆・稲取ふれあいの森 東伊豆を一望する風車の丘

8-1-893

夏休みで賑わう海岸線から離れ、少し山を上った所にある「稲取ふれあいの森」。
山の中に、一周5kmのクロスカントリーコースがあります。
ゆったりした幅で芝生も張られ、変化に富んでいるのでウォーキングでも楽しめます。
道の先に見えるのは、海に向けて建てられた展望台です。


8-1-894

屋根のかかる日影のベンチもあり、散歩する人達の休憩所になっていました。
斜面に突き出た展望台で、標高239mの標識が据え付けられています。


8-1-895

目の前に広がるのは、ミニチュアのような稲取の町です。
伊豆半島の東海岸を、北から南まで一望できる場所です。


8-1-896

道端に立つ、ステンレス製のポールに気づきました。
よく見ると、記念撮影用のカメラ台です。
絶景が多いこの丘では、他にも数か所でカメラ台を見かけました。


8-1-897

斜面を生かした、長ーいすべり台です。
楽しそうですが、上って戻ることを考えると…なかなか滑る気になれません。


8-1-898

丘の頂上には展望塔があるらしく、登ってみることにしました。
コースをはずれ、雑草の生い茂る道でヘビに驚かされながら、何とか到着したものの、
ハシゴまでついた展望塔ですが、残念ながら木々が茂って何も見えませんでした。


8-1-899

ふれあいの森からさらに急な坂道を車で上がると、3基の風車が並ぶ高原があります。
東伊豆町が平成15年から風力発電で利用しているもので、高さは約60m。
下に停まる車と比べるとその大きさがわかりますが、これでもまだ小さい方だそうです。
近くの道端には、落雷で壊れた20mを超える大きな羽が横たわっていました。
エコな発電ですが、維持管理は難しそうです。
夏休みの期間は、説明付きの見学会が開かれています。


8-1-900

風車が建つほどなので、風を生かした遊びにはもってこいの場所のようです。
ラジコンの大きなグライダーを、紙飛行機のようにすっと飛び立たせていました。
戻る時はどうするのだろう?と気になり、尋ねてみると
草むらをクッションにして、ふわりと着陸させるそうです。
右に見えるポールは…ここにもありました! カメラ台です。
終のすみかづくりを通して

Author:サトウマサシ

目次
お問合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カウンター