FC2ブログ

金沢-1・主計町 ふたつの坂

8-1-929

浅野川沿いの町並みが美しい主計町ですが、裏通りにはそれに劣らない魅力があります。
細い路地と坂が、絵のような世界をつくり出しています。
軒先が重なりそうな路地に続く、ゆるやかにカーブする坂。
「あかり坂」の石碑を見つけ、こんなに暗いのに?と不思議に思いました。
解説を読むと、明かりを灯すような作品の泉鏡花を偲んで名付けた(五木寛之)とあります。
振り返ると、坂の先には明るい世界が広がっています。
本当は、こんな風景が由来なのでは…と思えてきました。


8-1-930

あかり坂の隣には、少し路地からずれて回り込むような「暗がり坂」があります。
路地幅も広く、さほど暗く感じないので、名前を交換したほうが似合いそうです。
階段の上には神社、その境内には大きなケヤキがありました。
以前は、もっと鬱蒼とした場所だったのかもしれません。


8-1-931

立体的な構成が美しく、少し苔がむして風情のある階段です。
ただ上り下りするだけのものではなく、この町並みにしっくりと馴染んだ風景になっていました。
終のすみかづくりを通して

Author:サトウマサシ

目次
お問合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カウンター