FC2ブログ

竹富島-2 赤瓦の工事風景

8-1-1005

集落が途切れるあたりで、新築工事の現場を発見。
一度見たいと思っていた、赤瓦を葺く作業中です。
職人さんに声をかけ、近くでしばらく見学させてもらいました。


8-1-1006

平瓦と丸瓦を交互に重ね、台風で飛ばされないように漆喰で塗り固めています。
1種類のコテで、形を整えながら塗っていました。


8-1-1007

小屋組みまですべて見える、平家の大きなワンルームです。
屋根にも壁にも合板が見当たらず、無垢の木に囲まれた気持ちの良い工事現場でした。


8-1-1008

こちらは、近所で行われていた修繕工事。
琉球漆喰は生石灰とワラと水でできていて、ワラの色が出て少し黄色くなっています。
屋根の上のシーサーが、職人さんの隣で作業を見守っていました。


8-1-1009

小さな島ですが、いくつかの工事現場を見ることができました。
こちらは屋根も葺き終わり、完成間近です。
たくさん積まれた古い瓦は、隣に別棟で工事中の建物に利用されるようです。
1枚ずつ丁寧に漆喰をはがすのは大変そうですが、新品にない味わいがあります。
何世代にも渡って再利用できる瓦は、昔も今も優秀な建材です。
終のすみかづくりを通して

Author:サトウマサシ

目次
お問合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カウンター