FC2ブログ

白山-5 安心の拠点・室堂ビジターセンター

8-1-1209

弥陀ヶ原を抜け、ハイマツ林を登りきると、室堂ビジターセンターが現れます。
標高2450mですが、規模が大きくてしっかり整備された施設です。
周囲には、数棟の宿泊施設が建ち並んでいます。


8-1-1210

中には食堂や売店はもちろん、夏季だけ開かれる郵便局もありました。
診療所も開かれるそうで、夏の賑わいが想像されます。


8-1-1211

外には、ヘリコプターで運んだと思われるたくさんの荷物がありました。
正面に見えるのが奥宮祈祷殿で、その先がゴールの山頂です。


8-1-1212

ビジターセンターは、外壁修理中でした。
手前に見える塗装されたサイディングを、木の板に張り替えています。
天然の木は傷みますが、百年後でも同じものが手に入ります。
一方で製品化された建材の多くは、10年も経たないうちに手に入らなくなります。
建築の寿命を考えると、板壁に変更したのは正解だと思いました。


8-1-1213

山頂直下の室堂は、相当厳しい風雪にさらされるのでしょう。
扉の厚さ、それを支え動かす丁番は、普段目にすることのない頑丈さです。


8-1-1214

宿泊棟にあった、「冬期入口」。
そこだけ黄色に塗られ、ハシゴもかかって、どこか秘密基地のようです。
一面雪に覆われた時の風景を、見てみたい気がしました。
終のすみかづくりを通して

Author:サトウマサシ

目次
お問合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カウンター