FC2ブログ

甲府・丸の内 70年続く万年筆専門店

8-1-1251

甲府といえば「武田信玄」、駅前には大きな銅像がありました。
信玄の父・信虎がこの地に開府してから、来年でちょうど500年を迎えるそうです。
駅から歩いて行ける距離に、ゆかりの地が点在しています。


8-1-1252

商店街を歩いていると、ひときわ明るく輝いているお店が目に入りました。
看板に書かれた言葉には、なぜか読まずにはいられない求心力があります。
趣のある箱文字で「山梨万年筆商会」と店名が掲げられた、万年筆の専門店でした。
この地に店を構えて70年の歴史があるだけに、他では味わえない見ごたえがあります。
甲府は地場産業の宝飾や印伝など、じっくり見たい専門店がたくさんある街でした。
終のすみかづくりを通して

Author:サトウマサシ

目次
お問合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カウンター